GUERNSEY WOOLENS

http://instagram.com/p/uGpQBCwfD1/

 

Guernsey islandと言う島で伝統的に織られているニットです。いわゆるガンジーニットです。その説には色々とあるようですが、一番有力なのは、島民の各々の家族がもつ模様の編み方があり、その家の漁師の為に編まれていたフィシャーマンニットの一種ということで、柄はその漁師が喪失したときに発見された際の特定用でもあったということです。審議は未だ討論されていますが、このニットのもう一つの特徴としては脇下にダイヤモンド柄の編み込み、所謂ワッフルを入れているので腕を動かしやすいという事です。よく見かける編み方ですが、原点はガンジーニット。かも知れません。
原宿cassidyでお買い求め頂けます。色は他にも、グレーと紺がありました。輸入元のGurensey woolensには赤もありました。そこのサイトにより細かい歴史なども書いていたので、ご興味ある方は是非。

 

http://guernseywoollens.com/history.php