A recent buy

http://instagram.com/p/uSR-P7wfIk/

 

ブランド名を忘れてしまったのですが、1972年からメリノウールでソックスを作っているとこのものと、tenderのソックスです。僕は知らなかったのですが、tenderはwoad染めという植物染めが有名だそうで、古くはかの皇帝ナポレオンもwoad染めを愛用していたんだとか。さらにはwoad染めの藍が好きで、それを帝国色、つまりは国の色として定めていたそうです。個人的には確かに色味はtenderの方が綺麗なのですが、やはり無難かつ機能的なメリノウールに軍配が上がります。tenderの方は、染めがひどくて、足や靴にもかなりつくし、何より他のものと洗えないので扱いが大変で、、、

色は好きなんですけどね。。

 

m's braque × edifice

http://instagram.com/p/uSGhL5QfNl/

 

edificeからm's braqueへの別注ダブルセットアップ。デットストックの生地を使ったものらしいです。最近はこういう渋いのがすごく気になります。ここのシルエットは日本人が作ってるだけあって、日本人の細身体型に合っていてすごく綺麗です。

Vintage Cartier's Watch

http://instagram.com/p/uPxRkgwfHH/

 

いつだかネットで拾ったカルティエのアンチークウォッチ。恐らく女性用ですが、皮の色と、時計の金色が素敵です。

1950's Vintage French Frame

http://instagram.com/p/uPXcSeQfB6/

以前は毎日愛用していた1950年代のフランスのヴィンテージフレーム。同じのが欲しくて、表参道の有名なヴィンテージ専門の眼鏡屋に伺わせて頂いたのですが、その時は1930年代を模して作られた、1972年の金貼りのフレームを買わせていただきました。最近は気分と服に合わせて付け替えてますが、やはりもう一本欲しいです。もちろん金貼りもかなり気に入っていますが。金貼りはまた別の機会にご紹介いたします。

 

RRL 2014 SS

http://instagram.com/p/uL6ACNQfLf/

 

この間、rrlでセールだったので買いました。なんと$40。日本円なら4千円とちょっと。あまりにもお買い得で、普段は即決しないのですが、これは即決しました。生地は春夏用なのでかなり薄く、風の強いNYではジャケットでボタンを開けていたらヒラヒラ舞ってしまうのがネックですが。。。

1980's vintage cardigan

http://instagram.com/p/uL5byGQfKa/

 

 

1980年代のものらしいカーディガン。古着です。ちょこちょこ糸のほつれなどがあって、あまり状態は良くないですが、安かったので。雰囲気はいいです。

NIGOLD BY UNITED ARROWS

http://instagram.com/p/uKIXBOwfNF/

 

 

言わずもがなnigoと、それからarrowとの共同でのスーツレーベルです。小木さんが絡んでいるのかどうか分かりませんが、honeyee.comではそんなことを言っていたような気がします。nigoらしく、スーツの中にかなりポップさがあり、またそういう風に着て欲しいみたいですね。日本らしく、良いプロダクトだと思います。個人的にはカーキのセットアップがオススメです。トムブラウンとかもでてるのですが、こういう遊び色では遊びをより理解している人によって作られていた方が格好良くなる。気がします。。

ちなみに詳細は以下、honeyee.comで


2-5 talk:talk#2 NIGO®×小木 "Poggy" 基史|FEATURE|honeyee.com Web Magazine